ズッキーニの育て方  ―植え方・病気・害虫・肥料・収穫―

ズッキーニは、最近レストランやスーパーでよく見かけるようになりました。

日本では新しい部類の野菜になるのですが、いったいどのように育てているのでしょうか。

ズッキーニは栄養価が高く、色んな料理に使えるためこれから更に人気が出ると思います。

そんなズッキーニを自分で育ててみませんか。


                                             管理人

ズッキーニの栽培年間作業

キュウリのようなカボチャの仲間野菜、ズッキーニ。


イタリアンなどでよく使われる野菜で日本でも広まってきて
います。


外食で食べることはあっても、家庭で使いにくい食材・・・
ましてや栽培なんて、そう思ってはいませんか。


実はズッキーニは意外と栽培しやすい野菜なのです。ここで
はズッキーニを栽培するうえでの年間作業を簡単に追ってい
きましょう。


また、ここでの説明は種まきから始めていますが、苗を買っ
てくれば更に簡単に出来ますよ。


@ 種まき
3月下旬から4月末までに種をポットに蒔きます。


A 間引き
一ヶ月ほどして本葉が開いたら間引きをします。


B 植え付け
間引きが終わって少し経ってから植え付けを開始します。時
期は5月下旬まで、本葉が5〜6枚になってからです。植え
付けを行ったら乾燥防止のためわらを敷いておきましょう


C 支柱立てと追肥
株が育ってきたら支柱を立ててあげましょう。この頃に追肥
もしてやり、大きく育つ手助けをしてあげましょうね


D 収穫
育て方、育ち方、種の蒔く時期など色々な状況で変化しますが、
7月頃から夏の終わりまでは収穫ができます収穫はハサミで根元
を切って行います


以上がズッキーニの栽培年間作業です。


ズッキーニは栽培場所をそれほど必要としないので、プラン
ターでも育てやすい野菜です。春先に種を蒔いて、夏の暑い
中に収穫して美味しい夏野菜として頂きましょう。


スポンサード リンク